会社概要

歴史

  • 08/15 1973

    日商三和化学工業株式会社と合弁会社・三和合成股份有限公司を設立、技術協力関係締結。高雄県路竹郷中山南路1号にて工場開設。台湾初ポリアミド樹脂製造専門工場誕生。設立資本金2200万元。

  • 11/08 1974

    試運転終了。

  • 02/26 1975

    増資実施。資本金総額2776万元。

  • 03/22 1975

    高雄県税捐稽徴処、当社会計年度を当年4月から翌年3月31日までとすることを了承。

  • 11/24 1975

    輸出工場として登録。

  • 03/26 1980

    台湾株主、三和化学工業株式会社より同社所有分株式引き受け。

  • 02/16 1981

    資産再評価及び資本準備金拠出により1280万元増資。資本金総額4056万元。

  • 06/23 1982

    日商富士化成工業株式会社による投資及び技術協力認可取得。最新製造工程・装置・品質管理向け化学実験装置供与。技術部長を高雄へ常駐派遣。資本金総額5576万元。

  • 08/13 1987

    富士化成工業株式会社より技術協力を受け、“印刷インキ用重合脂肪酸系ポリアミド”、”熱可塑性樹脂用高分子脂肪酸系ポリアミドエストラマー”、”エポキシ樹脂用硬化剤”、”エポキシ樹脂”、”変性エポキシ樹脂”など5大製品を製造。

  • 01/21 1993

    廃液焼却炉・その周辺設備購入。試運転通過後、燃焼合成反応で発生した廃水を中核とした業務開始。

  • 09/07 1995

    株主定例会議にて1994年度の未配当余剰金である2000万元の設備拡張運用を了承。資本金総額7576万元。

  • 02/15 1996

    熱媒ボイラを追加購入。既存ボイラと併用。全自動調節制御装置及び煙突試験自動控制装置を購入。

  • 08/01 1996

    增設全廠自動化供料及自動程式控制反應裝置。

  • 1999

    通過ISO9002:1994之品質認證。

  • 2000

    公司生產之製品擴增分類如下:“非反應型聚醯胺樹脂(印刷油墨用接著劑、熱熔型接著劑)”、”環氧樹脂用硬化劑(反應型聚醯胺樹脂、變性聚胺及變性聚胺加成物、溶劑稀釋型聚醯胺樹脂)”、”環氧樹脂用特殊硬化劑(環保型-水性硬化劑、潛在型硬化劑)”。

  • 2001

    通過ISO-9001:2000(E)之品質認證。

  • 01/20 2001

    增購自動化高品質固體造粒機。

  • 01 2003

    企業管理情報システム導入。

  • 12 2003

    撹拌反応槽3台・その周辺設備3セット設置。

  • 10 2004

    製造工場にトータル換気装置設置。

  • 01 2005

    Smart ERP企業管理情報システム導入。

  • 01 2006

    熱可塑用造粒機冷凍水供給装置・その周辺設備設置。

  • 2006

    获准通过南科投资申请案,成立三和合成股份有限公司高雄园区分公司,准予投资生产、设计、研发、销售电子用一液型接着剂与电子用热塑型接着剂。

  • 2007

    购置实验室气相层析仪设备乙套。

  • 2008

    购置实验室红外线光谱仪乙套。

  • 2010

    通过ISO 9001:2008之品质认证。技研部新实验室正式启用。

  • 2011

    制造二厂厂房落成。

  • 2012

    天然气锅炉房与原料仓库落成。

  • 2013

    购置天然气锅炉及其外围附属设备乙套,并试车合格,开始运转。

  • 2013

    购置搅拌反应槽两座与其外围附属设备两套加入生产。

  • 2014

    增建办公室三楼与电梯工程。

  • 2015

    制造二厂购置消防管路乙套。

  • 2016

    通过ISO 14001之品质认证。

  • 2017

    通过ISO 9001:2015之品质认证。